PAGE TOP

オリコンのランキングに何の意味があるんだろう


オリコンの意味とは


オリコンチャートは音楽アーティストを評価する指標として強い力を持っています。僕はオリコンなんて音楽の価値を語る上で大した意味をもっていないと思います。そのくせ重要視されてるため、なんでこんなCDを売ることに必死になってるの?と思うことが多々あります。

僕がオリコンを無意味だと感じる理由としてまず、CDそれ自体がオマケと化していることを挙げます。要は握手券やコンサートの申し込みがオマケとしてついており、そちらの方が購入目的となっていることがあります。そしてその売り上げがCDそのものの価値として反映される事がもうおかしいです。それと今はネットで音楽の視聴、購入が当たり前であるのにそれが一切考慮されてません。YouTubeでMVが100万回再生されている音楽と、5万回の音楽があったとしてもそれは関係ないんです。オリコンに反映される実売が全て。上記2点だけでも相当おかしいんですが、オリコンなんて意味ねえと思える最大の理由があります。

僕がオリコン1位の曲が何だったのか全く知りません。

もちろんモーニング娘。が1位を取ったのはヲタやってるので情報として入ってきますが、その前の週の1位は?その次の週の1位は?と聞かれたら1位どころかTOP10の一つも答えられないです。つまりオリコンなんてそんなもんです。それ自体、誰も興味なんてない。オリコン○位という冠をつけるための形骸化した指標なのでしょう。


オリコンに意味を持たせるために


これを解決する手段は幾つかあると思います。解決する必要もなさそうですが、真面目に1人1枚買ってもらおうと活動してるアーティストにとっても改善してあげた方が音楽業界のためでしょ。ランキングシステムを変えればいいです。購入枚数ではなく購入人数で測れる方法を作る。1人が何枚買ってもカウントは1しか増えない。測り方が難しいかもしれませんが、握手券やオマケ付きのものは製品番号を分けてカウントしないというようにすれば少なくとも複数枚買い分は除外できそうです。

ネットでの購入、視聴を評価に入れるのも手段の一つです。CD1枚とYouTube再生1回が同じ重みはおかしいのでその辺の重み付けはオリコン独自で考えればいいんです。iTunesやYouTubeに音楽を提供してないアーティストが不利という話になりそうですが、この時代でネットを活用できない音楽なんて取り残されて当然のような気がします。ランキングに入りたければ時代に合ったそれなりの環境は用意する必要があるでしょうし。

上記はなかなか難しそうなので一番簡単なこと言います。もう消費者である我々がオリコンなんて無視しましょう。で?たかが5万枚売って、実質5千人しか買ってない曲が1位になるこのランキングになんの意味があるの?ってみんなが言えるようになればいいんです。そうなれば意味がないと分かったプロダクションはオマケをやめるでしょうし、そしたらまたある程度は健全なランキングに戻ると思いますよ。 オマケや風俗まがいの特典で枚数を水増しすれば1位を獲れてしまうようなランキングには疑問の目を向ける必要があります。オリコン1位=すごいといったバカげた感覚を捨てることで自然浄化されていくと思います。

またレコード会社そのものやメディア、及びプロモーションを提案する広告代理店含め業界全体で新しい指標を作っていくべきです、絶対に。
CD実売が減っているのにいつまでも過去の計測に頼っていては尻すぼみもいいところですし。ちゃんと良いものが露出できるような仕組み作りが必要です。


ブログ一覧へ