PAGE TOP

食べログって投稿を反映させないからGoogleレビューの方がいいですね


旅行先であまりにも酷い居酒屋に出会いました。

学園祭のサークルの模擬店以下の対応と料理クオリティ、他の客が普通にいる空間で他のグループの送別動画が流れるという、ありえない仕切り、という店でした。

さすがにこれは…と思い、食べログに寄稿しようとしました、同じ目に遭う人を無くしたいという気持ちもありましたが、まぁこんなクソ店なんだから悪いレビュー書かれて当然、反省しろ、という気持ちが強めです。

食べログの投稿反映規約

しかし投稿して初めて知ったんですが、食べログって投稿が全て反映されるわけじゃないんですね。食べログの規約によると以下条件では反映されないとのこと



つまり、切り捨てるわけです。普段は食べログに投稿しない人は、これはあまりに酷い、これはさすがにない、と思ってもその気持ちを食べログに反映することができません。

食べログに反映されるのは、食べログに何回も寄稿しているようなお得意様のみ、ということです。さらに食べログの点数の仕組み、普通に平均点だと思っていましたが違うようです。



影響度の高いユーザーの点数に引っ張られる、ということです。 影響度の高いユーザーってどんな人かと想像するに、投稿数が多い=食通であり、俺がうまいと言ったらその店が繁盛する、セカイの渡部みたいなのを目指してそうです。

だってお金にもならない投稿を繰り返してる人なんですから承認欲求、めっちゃ強そうじゃないですか?結局食べログは普遍的なレビューサイトではなく、食べログで承認欲求を満たしたい常連の評価を見るサイトでしかないわけです。

貴族しか投票できない選挙、みたいですね。なんかこんなレビューシステムに、一庶民がたまたま入ったリーズナブル居酒屋の評価が反映されるとは思えないんですよね。

また先の食べログ規約で気になるのが「お店に対して一方的な低評価をつけた口コミが掲載されることを防ぐため」という文言。一方的に悪いことを書くのがなんでダメなのでしょう、そう思ったのだから仕方ないし、というか一方的ってなに?お店の対応や料理があって、それを受けてこちらが感想を言うわけですから双方向だと思うんですが。

一方的=偏ったと言う意味なら一方的に褒めるレビューは何故懸念されてないのかも謎です。 ただ規約を読む限り「ある程度投稿数があれば一方的に悪評価のレビュー」でも反映される、と読めるので、僕は冒頭にあげた店のレビューを載せるべく投稿数を積んでみます。 投稿数が増えて、仮に星4つは反映されるのに星1つだったら反映されない、ということがあったとしたらこれはレビューサイトとしてヤバイと思いますので検証してみます。

Googleレビューの方が簡潔でわかりやすいです

削除、検閲、忖度なくレビューが反映されるのがGoogleレビューです。これは誰でも即時反映で運営側の検閲もありません。絶対こっちの方が実態を把握できます。僕は食べログ以外にもGoogleレビューの星を必ず見るようにしてます。

ある店に酷い店員がおり、その害を何人もの客が被ったとします。しかしその客の中に食べログである程度投稿してる人がいないと、それが食べログに反映されることは決してありません。しかしGoogleレビューならそんなことはないのです。食べログを使い食べログに何回も投稿する食通の皆様以外の、そう!庶民の意見が反映されるのです!特に地雷店、DQN店なんかの調査は絶対こっちがいいです。

ネットはネガティブ思考

一つ気をつけたいのはネットはポジティブなことよりもネガティブな事の方が声を大にして叫ばれる、ということです。

良かったものをわざわざ良かったと言う人は少ないですが、悪いものは悪いと言ってやりたくなるものです。悪い=不満が溜まってるわけですから、その対象をこき下ろすことで不満を発散したいわけです。

なので誰の意見でも反映されるレビューはネガティブ意見が色濃く出る、ということは覚えとかないとダメですね。

ブログ一覧へ