PAGE TOP

大阪☆春夏秋冬ハチハチライブレポート 圧倒的な2つの方向性を見た!


大阪☆春夏秋冬のライブレポートです。ライブレポートって難しいんですよね、何を書けばいいのか分からないし、よく、セットリスト書いて1曲ずつダラダラ感想書いてる人も見ますけど、正直超つまんないんで…。

かといって、流れを綺麗に書いていっても、それの上位互換を各音楽メディアがやってますしね、個人ブログでライブレポは非常に難しいのです。しかしですよ、アイドル関連のことを書いていくサイトなのでライブレポを乗り越えてこそ、みたいなとこがあります。なので試行錯誤やってみますって感じです。

概要・セットリスト


公演日:2015/8/8、場所:渋谷クアトロ

名前から分るように大阪に拠点を置いているグループで東京のワンマンライブはこの日が初めてとのことでした。ちょっと前までは100枚くらいしか捌けていなかったチケットが当日は500人弱入ったらしく、東京のヲタクに一気に知れ渡った感がありますね。

TIFで見つかったアイドルと言われちょっと話題になってますけど、僕はその前の関ヶ原の歌合戦で見つけたので!お前らなんかより早く知ってたんだからな!!どうだ!

冒頭にも書いた通り、公演の流れに沿っての説明や、僕は会場までは電車で〜みたいな話をするのは誰得甚だしいので以下2ポイントで感想や意見を言ってみます。

小川舞奈ソロ歌唱の破壊力


まず前提として書いておくと、僕は歌声の加工やフルユニゾン、口パクを否定しません。稚拙な生歌ソロを聞かせるよりは、キチッと加工して仕上げる手法はもっともだと思うからです。

拙い生歌と加工・口パクどっちが良いかとか比較するだけナンセンスで、どっちも正解な気がします。一般受けするのはAKBがそうであるように後者で、生歌の箱のヲタクは生歌が正義と言って譲りませんしどっちが正しいとかないんです。

ただ、厚みのある声で、ソロで歌い切れるというのは、そういった不毛な議論を超越してアイドルとしてかなりの魅力です。大阪☆春夏秋冬のリードボーカル小川舞奈にはそれがあるんですね。やっぱり厚い、伸びる、響く声をライブで受けまくれるっていうのは気持ちいいのです。

今はユニゾン中心でアップテンポで楽しい曲で、そこそこダンスしとけみたいな箱が多くて、どこが差別化ポイントなんだ…と思うことも多いのですが、ぶっちぎりの歌唱メンバーが居て、その子が延々と歌うアイドルっていうのは斬新すぎますよね。

大阪☆春夏秋冬は非常に変わったパフォーマンス構成を持っていて歌唱のほとんどは小川舞奈が行い、他のメンバーは歌うことについてはサビに多少被せたりするだけ。全員がマイクをもっているわけではなくてステージ上でマイクを受け渡ししてたりします。

そのため小川舞奈は歌うことに集中できますし、他のメンバーはダンスや表現に集中できるので個々の能力が、1点特化の恩恵でかなり高まっている気がします。

逆に一般JPOP女性歌手との差別化が必要


シュカシュンの88ライブのセットリストを振り返ると2つの特徴が見えます。1つ目はC'monとLet you flyが代表する完全な縦ノリロックアイドルとして成立し出している点。モンキーマジックやWe Will Rock Youをカバーしている点からも、大阪☆春夏秋冬がロックに振り切る方向があるのは確かだと思います。

ベビメタがメタルに振り切って成功しましたが、ロックに振り切ったアイドルそういえばなかったなと思い知らされるわけです。SCANDALはアイドルでは無い雰囲気ですし、Buono!やラベンダーとアップフロントが出すロック系がありますがこれは楽曲やヲタク層がアイドル寄りです。

その点シュカシュンは誰もサイリウムを持ってませんし腕を上げて縦ノリで客同士がぶつかっていく文化が客席にできていました。かなーりロックなノリでしたよ、いやこれはホント楽しかった。

特徴の2つ目は圧倒的なバラードを聞かせる能力。ライブの後半、メンバーからこれがシュカシュン劇場だと述べられた後、バラードが3曲くらい続きました。これはもちろん素晴らしかったのですが、これってミーシャとかAIとかJPOPの女性ソロアーティストがやってることで、アイドルがやる意味あるのかなあと少し疑問に思いました。

小川舞奈は相当、「歌がうまい」ですけど、ソロのバラードでアリーナ埋める女性アーティストはありえないほど「歌がうまく」、数も多いのでこの土俵で戦っていくのはどうかなと感じるわけです。もちろんバラードに振り切ったアイドルという見方もできるのですが、バラードに振り切ったアイドル=浜崎あゆみとか倉木麻衣、今の大塚愛、松浦亜弥とかじゃないのかと思ってしまい、レッドオーシャンな感じが否めません。

2年後SSAでスタンディングライブやりましょ


僕はロックの方向に今後も振り切って欲しいです。フェスで5曲くらいやるときも基本ロック曲中心の構成なので、そうなるとは思ってるんですが。C'monとLet you flyレベルのオリジナル曲が10曲、20曲とできるようになったら、SSAなんて簡単に埋まるんじゃないかなあと思ってしまいます。ベビメタがやってたSSAスタンディング楽しそうだったので、是非シュカシュンでもやりましょう。

MV見ても正直良さが分らないのでライブ動画がお勧めです。だけど公式に上がってるのは曲名も説明文にないし、見てみたらインタビュー中心でライブどこ?みたいなのも多いので、動画の上げ方もうちょっと工夫できないのかなあ。



ブログ一覧へ