PAGE TOP

やっぱり義務教育か高校教育に租税や税金論を入れてほしい


2019年10月1日、消費税が8%から10%への引き上げが実施されました。通常時はSNSなんかで税金の話してる人も少ないのですが、こういうタイミングだと税の話をする人が増えますね。

それでやっぱり思ったのは「義務教育では、せめて高校の必須科目には租税を入れて欲しいな」ということ。

消費税が何かすら分かってない

そう思ったのはこういう意図のツイートでした「物によって消費税が8%と10%とに別れている。10%で原材料を仕入れても加工後8%でしか売れない業者さんは消費税差額分、損をする」

え、それマジで言ってる?いやいやリプで即指摘されるでしょと思って見てみると「ほんと政府はなんにも考えてない」「逆に8%で仕入れて10%で売れる業者は得過ぎる」など。

実際にそういう仕入れと販売において消費税率が異なる業態の知り合いも「えええなあ、10%で売れるんやろ丸儲けやん」と言われるらしい。この程度の知識なのかJAPAN民。

納付消費税は仕入れ消費税から差し引く

結論から言うと、8%で仕入れて10%で売ろうが、10%で仕入れて8%で売ろうが損得は発生しません。

消費税は「売った時に得た消費税」から「仕入れ時に発生した消費税」を差し引いて残った分を国に納めるからです。消費税は消費者のみが支払うという原則のもと、2重払いにならないような制度設計になっております。

100円のものを8%の108円で仕入れます。それを加工し200円で10%の220円で売ります。国に納める消費税は12円です。利益は220-108-12=100円です。100円を200円にものへ加工した利益のみで消費税は関係なしです。

100円のものを10%の110円で仕入れます。それを200円で8%の216円で売ります。国に納める消費税は6円です。利益は216-110-6=100円です。100円を200円にものへ加工した利益のみで消費税は関係なしです。

この点はまだいいんですよ、仕組みの問題で消費税納税義務のある業者でもなければ知らないでしょうし。知識の問題だと思います。

消費税は税金なのに業者の利益と考えるのがヤバい

8%で仕入れて10%で売れば2%分儲かるやん、ええなあ!←これヤバくないですか。この考えがパッと出てきてしまうのがヤバいと思うんです。だって消費税、税金ですよ?国や地方に納めるものなのに何故、自分の利益になると思い込んでるんでしょう…

まだまだある税理解してないワード

よくあるのが年収と手取り額を分けて考えていない人。年収1,000万と手取り1,000万円はかなりの差がありますが…

「年収一千万の男の人と結婚したい!月に40万くらいのタワマンに住めるし!」手取り730万くらいですが…月に60万くらいしか使えないのに40万も家賃に使って大丈夫ですか?

「なんと年商1億円の社長!」1.1億円のものを仕入れて1億円で売っても年商は1億ですが大丈夫ですか?1千万赤字ですよ!

こういうふうな税金を納める前後がよくわからないワードが多すぎます。年商、年収、額面、手取り、総支払額、所得、売上、利益、源泉徴収額等々…これをキチンと理解している人とそうでない人では、会話に齟齬が生まれまくりです。

だって誰も教えてくれない…

税金のことってびっくりするくらい誰からも教えてもらえませんよね。僕はたまたま大学が経済学部で租税論を学んでいたこと、訳あってたまたま自分で確定申告する機会があったことで多少なりとも理解できました。

会社に入っても税金や社会保険料は自動引落でだーれも説明してくれません。研修で1時間経理の人が教えてくれてもいいと思うんですが、それすらない企業が多いんじゃないですかね。

そして年末に源泉徴収票という謎の書類がデスクにポンと置かれ、経理から「年末調整票をいついつまでに出せ」というメールが無機質に飛んできます。いやなんやねんこれ、教えてからにしてくれ…というのは新卒1年目あるあるで、社会人歴を経てもよく分かってない人多いと思いますよ…

租税を義務教育か高校教育に

学ぶ機会を与えられるべきでしょう。だって自分の働いて得たお金が奪われてるんですよ?何でどういうシステムで、どれくらい納税されているのかキチンと理解してしかるべきでしょう。

中学校では社会の時間に簡単に経済や政治を学ぶ項目があったと記憶しています。ここに租税を入れて税金の仕組みや、年収と手取りの違いなどを説明するべきだと思うんですよね。

さすがに中学生で税金は早い…となるのであればせめて高校生で。政治経済って科目があるんですから、ここで税金を扱うのは至極当然で自然に見えますが、全く無いんですよ、税金の項目って。やるべきだと思うんですけどね。

財務省が困るから教えない説

国民が税金のことに関して知識をつけて、賢くなると困るのってどこかと考えると財務省なんじゃ?と思うわけです。

例えば年末調整。よくわからなくて忙しくて名前だけ書いて出してる人めっちゃいます。そもそも調整ってなんやねん、主に税金の返還なんだから調整じゃなくて返還申請とかに名前変えろって感じです。

年末調整でみんなしっかり保険なり医療費なりの控除分の返還を請求されると国の税金が減ってしまいます。財務省は社会人に対しては「テキトーに税金取るから取りすぎてたら言ってね」というスタンスなのです。でも知識がないからみんな何も言ってこない、言ってこられたら困る、だから教えない。ということなのでは?

ブログ一覧へ